−正面玄関−
店内−
−宴会場−
−庭園−

季節のお料理は、お一人様から百人様程の大宴会迄、御相談を承ります。
初めてのお客様もご予約のお客様もどうぞごゆっくりおくつろぎ下さい。



 代 表  石田 一夫
 俳 優  下川 辰平
下 川 玄関構えも素晴らしいですね。
石 田 本館と別館を合併して、平成10年にここに移転したんです。お店は蔵造りなんですが、喜多方市の町づくりのテーマ「水と緑と蔵の街喜多方」のホープ建築文化準賞を頂きました。観光のパンフレットにも紹介されているんですよ。テーマにも掲げられているように、この町の自慢は水ですから、造り酒屋やラーメン屋も多いんです。
下 川 水が旨いというのは、お酒にも料理にも大きく影響しますよね。
石 田 そうですね。水がやっぱり大切です。本店では最初、手打ち風のうどんを出していましたが、うどんの他に天ぷらなど和食にもこだわりを持ってやてきました。それがかなり地元で浸透したみたいで、うちは地元のお客さんが98%くらいなんですが、観光の方にも、せめて10%くらいはきて頂きたいと思っているんです。
下 川 店の名物は何ですか。
石 田 人気メニューは店名が付いた『みよし定食』。女性には、お寿司、天丼、うどん、茶碗蒸し、サラダ、デザートが付いた『石亭定食』(どちらも1,500円)が好評です。
下 川 これだけ付いてその値段は安いですね。口コミで地元の人が集まるというのは本当においしいんでしょね。ところで、店名の「みよし」はどこから付けられたのですか。
石 田 3つの「よし」からなる「割烹みよし」にしようという理念で店をやっています。「店もよし」「お客もよし」「皆もよし」と。天丼1つにしても1,000円で出して3つとも満足できるかどうか、何か1つでもマイナスがあるならやめようと、みんなで考えてやっています。
下 川 立派な建物ですし、大宴会もできそうですね。
石 田 別館も含め、一度に最大200名様まで来て頂けますよ。
下 川 将来の展望はありますか。
石 田 3つの理念に基づいてスタッフにも独立してほしいと思います。
下 川 喜多方ラーメンを食べに来られる観光客にも知らせたい店ですね。




お問い合わせ
割烹 みよし
〒966-0812 福島県喜多方市字緑町7135
TEL : 0241−22−0680
FAX : 0241−23−1682